マインド設定でFXの利益を約2倍にする|正しいマインドセットのやり方

マインド設定でFXの利益を約2倍にする|正しいマインドセットのやり方

FXにおいて、マインドセットはトレードの方法以上に重要だと言えます。なぜなら、たとえ世界一素晴らしいトレード手法を知っていたとしても、負け組トレーダーのマインドセットしか持っていないトレーダーは絶対に勝ち続けられないからです。

 

逆に言えば、勝ち組トレーダーのマインドセットさえ手に入れられれば、どんなテクニカル分析でも勝ち続けることは不可能ではありません。

 

その証拠に、ネットやテレビに出ている勝ち組トレーダーは、みんなそれぞれ投資の手法が違いますよね。彼らに共通しているのは、トレードの手法ではなく

 

「投資に対するマインドセット」なのです。

 

今回は、そんな勝ち組トレーダーに近づくために必要な「FXで勝つためのマインドセット」について解説します。

 

FXにおけるマインドセットとは?

まず、「マインドセット」について聞き慣れていない方も多いと思いますので、マインドセットの意味から説明します。

 

マインドセットは、経験、教育、先入観などから形成される思考様式や心理状態のことで、「暗黙の了解事項」、「思い込み(パラダイム思考)」、「価値観」、「信念」などがこれに含まれます。

 

簡単に言うと、これまであなたが生きてきた経験や、周囲の環境により形成されるあなたの物事の捉え方や思考の癖のことを意味します。

例えば美人の方を見て「あの人は性格が悪い」と無意識に決めつけたりするのも、マインドセットが原因だと言えます。

 

FXでよくあるマインドセット-負けトレーダーの場合-

では、FXにおけるマインドセットとはどんなことを指すのでしょうか。ここでは、負けトレーダーによくみられるマインドセットについて少し紹介します。

 

負けトレーダーのマインドセットとしてよく見られるのが「少ない資金で儲けようとする」「しっかり考えてルールを作らない・ルールを破る」「失敗を認めない・振り返らない」というものがあります。

 

これらのマインドセットが、どのように負けトレードへと繋がるのでしょうか。

 

まず、「少ない資金で儲けようとする」というマインドセットは、「大きな損失」の原因となります。

 

FXは、少額の資金にレバレッジをかけて大きな取引をできることが最大のメリットだと言われています。しかし、あまりにも大きなレバレッジをかけすぎてしまうと、少しの相場の動きで「強制ロスカット」となり相場から強制退場させられかねません。

 

また、預け入れた証拠金の範囲内での損失だけならまだいいですが、スイスフランショック当時のような大暴落に巻き込まれた結果、数千万円もの借金を抱えてしまっては人生レベルで「負け組」となってしまいかねません。

 

さらに、人は高いリスクをとると論理的な判断ができなくなってしまいがちです。このことは、カイジの鉄骨綱渡りを見るとよくわかりますよね。

 

次に、「しっかり考えてルールを作らない・ルールを破る」はどうでしょうか。

 

トレードルールは、FXだけではなく株や仮想通貨のトレードをする際にも必要です。トレードルールがなければ、「どのタイミングでエントリー・決済をするか」トレードルールを作らずただ何となくエントリーと決済を繰り返すのは「ギャンブル」とかわりありません。

 

また、自ら作ったルールを破ってトレードをするのも、ギャンブルと変わりありません。

 

多くのトレーダーがギャンブルトレードを行い、結果的に勝ち組の養分として損を出し続けています。私たちはそうならないよう、裏付けがあり、長期的に守り続けられるルールを作らなければいけません。

 

最後に、「失敗を認めない・振り返らない」ですが、これも負けトレーダーの典型的なマインドセットだと言えます。

 

「間違ったタイミングでのエントリー」や「避けられたリスクで損失を出す」という失敗は、だれでも一度は犯します。しかし、全く学習せず毎回同じパターンで

 

損失を出し続けるトレーダーも少なくありません。

 

失敗から学ばず負けトレードを繰り返すトレーダーなんかが、永遠に勝てるはずありません。

 

FXでよくあるマインドセット-勝ち組トレーダーの場合-

次に、勝ち続けているいわゆる「億トレーダー」のマインドセットとしてよく見られるのは「長期的な視野を持つ」「失敗を失敗と認める・失敗から学ぶ」という2つがあります。

 

なぜ、この2つのマインドセットが勝ち組トレーダーの特徴として見受けられるのでしょうか。

 

まず、FXにおいて「長期的な視野を持つ」ことは、つまり「長い目で見て勝ち続けられるトレーダーになるために努力する」ことと同義です。

 

つまり、大きな損失による退場や、高リスクによる精神不安定を避けるためにおのずと「低リスク」を心がけたり、しっかりと準備や検証をしたうえで「論理的な根拠のあるトレードルール」を採用するようになります。

 

「低リスク」で「論理的」なトレードは、負け組トレーダーがやっているギャンブルトレードとは正反対なものですよね。

 

また、失敗を失敗と認めて、失敗から学ぶことにより、同じ失敗を繰り返さないようになります。

 

つまり、トレードという戦いを通じて、さらなる成長を遂げるのです。

 

これもまた、負け組トレーダーとは正反対な性質だと言えるでしょう。

 

今日からできる!FXでの正しいマインドセットのやり方2種類を紹介

以上、負け組トレーダーと勝ち組トレーダーそれぞれによくみられるマインドセットを見てきました。

 

ここまで説明して「なぜFXでマインドセット設定が大切なのか」と聞く人はいないでしょう。

 

誰だって負け組トレーダーなんかになりたくありません。私たちは、トレードに勝ってお金を稼ぐためにFXをしているのですから、ぜひ勝ち組トレーダーのマインドセットを手に入れてそれを成し遂げたいと考えるに決まっています。

 

しかし、自分の力だけで勝ち組トレーダーのマインドセットを手に入れるのは難しいと感じている方も多いと思います。

 

そこで、ここからは今日からできる「FXでの勝てるマインドセットの手に入れ方」を2種類に分けて紹介したいと思います。

 

目指すは「損小利大」!勝てるマインドセット設定のためのトレードルールの作り方

まず、トレードをするにあたって大切なトレードルールの作り方です。

 

エントリータイミング・決済タイミングのルール以上に大切なのが「リスク管理」です。

 

バルサラの法則などを用いて、自分自身の許容リスクを把握しましょう。ルールには必ず「損切りのための逆指値注文を発注する」という項目を入れましょう。

 

エントリーや決済をするタイミングを見つけるための「テクニカル分析」の勉強はしっかりとしましょう。

 

そのうえで、自分にとって最も相性がいいと思う分析方法をしっかりと検証して「勝てる」と実感したうえでトレードをするようにしましょう。

 

また、採用するエントリー・決済タイミングはそれぞれ1~3種類までにしましょう。あまりにも判断基準が多すぎると、長期的に考えて疲れてしまうからです。

 

テクニカル分析なんて採用する手法が多ければ勝てるものではないですし、ほとんどの方法は正しく使えば勝てる手法です。自分自身で気に入ったものがあれば、それだけをとことん勉強して、検証をしてみましょう。

 

許容損失以上に利益を出すことが期待できるトレード手法を見つけられれば、おのずと「損小利大」を実現することができるようになります。

 

また、集中してトレードができる環境も大切です。トレードをする専用の空間を作るのがベストですが、パソコンが一台しかなかったり部屋が狭かったりする方もいると思います。

 

この場合でも、せめてPC本体のアカウントを複数作って、トレード用のサブアカウントにサインインしてトレードをするなど、工夫次第で集中できる空間を作ろうと思えばできます。

 

少なくとも、アニメを見ながらトレードをするなんてことはしないように。そんなことをしても勝てるのはごく一部の天才だけです。

 

トレード日誌を付ける

トレード日誌を付ける習慣を、今日からでもいいですので身に付けるようにしましょう。

 

日記の内容としては「トレードの結果」「今日の相場観」というトレードに直接かかわることに加えて、失敗したことがあれば「今日失敗したこと」を書くようにしましょう。

 

「今日失敗したこと」については、「なぜそのような判断をしたのか」「次回同じようなことがあった場合はどうするか」をあわせてつけましょう。

 

また、あまり言われることはありませんが、時々自分をほめてあげましょう。ほめる場合は、「利益などの結果」ではなく「自分の行動」や「改善された点」をほめるようにしましょう。

 

そうすることで、次回以降も無意識に同じような良い行動をとったり、マンネリ化による飽きを防ぐ効果もあります。

 

まとめ

以上、FXのマインドセットと、FXで勝てるトレーダーになるためのマインドセットを手に入れる方法についての紹介でした。

 

FXだけではなく、人生において勝ち続けるには、あなたの行動や判断のもととなるマインドセットが重要となります。

 

今回紹介したマインドセットを手に入れる方法をもとに、ぜひ勝てるトレーダーのマインドセットを設定できるようになってください。

 

なお、今回の記事を見て、「でもやっぱり自分だけでは勝てるマインドセットを手に入れるのは難しそう」だと感じた方もいらっしゃるかもしれません。

 

そんな方は、まずは実際にFXで勝っているトレーダーを見つけて、その人をメンターにしてみるのも良いかもしれませんね。

関連記事

経済指標

ページ上部へ戻る