FXのトレードノウハウ【専業トレーダーになるまでの道ノリを教えます】

FXのトレードノウハウ【専業トレーダーになるまでの道ノリを教えます】

どうもトミオです!

 

「FXの専業トレーダーになるにはどうすればいい?」

「FXで勝てるようになりたい!」

「FXで負けが続いている」

 

FXをされている方で、このような悩みを持たれている方は多いと思います。

 

FXのトレードでは、勝つためのノウハウをキッチリと身につけることで、副業にとどまらず、専業トレーダーにまでなることが出来ます。

 

今回の記事で、しっかりとFXのトレードノウハウを身につけて、数ヶ月後や1年後には仕事を辞めて、自由な生活を送りましょう!

 

FXのトレードノウハウ【専業トレーダーになるまでの道ノリはどれくらい?】

FXを専業で行うためには、勤めている会社を辞めなければなりません。

 

ですが、現代の日本では、会社に勤めていることで、信用や社会保障、源泉徴収や年金の税金の支払いを会社で行ってもらっているといった恩恵を受けられているため、多くの方がFXのために会社を止めることができません。

 

では、FXの専業トレーダーになるには、どうしたらいいのでしょうか?

 

収入の面で答えると、FXの専業トレーダーになるには最低、50万円をFXで稼がなければ、安心できないという方が多いです。

 

今回は、FXで専業トレーダーになるためのトレードノウハウについてご説明します!

 

本記事の内容は以下のとおりです!

 

  • FXのトレードに必要な知識
  • FXのノウハウを確立するための勉強方法
  • トレードノウハウ系情報商材は必要?
  • トレードノウハウを知る上で大事な「ダウ理論」
  • トミオがこっそり教えるFX必勝ノウハウを一部公開!

 

本記事を読むことで、専業トレーダーになるために必要な、FXのトレードノウハウが身につきますので、ぜひ最後までお読みください!

 

では、さっそく解説していきます!

 

FXのトレードに必要な知識

まず、専業トレーダーになるためのトレードノウハウを身につけるためには、専門知識が必要です

 

専門用語や相場分析に必要な知識などの、基礎的な知識は必ず身につけましょう!

 

専門用語では、pips、レバレッジ、スプレッド、スワップポイント、ロスカットなど、相場分析に必要な知識では、レジスタンスライン・サポートライン、トレンドライン、トレンド系インジケーター、オシレーター系インジケーターなどのテクニカル指標です。

 

また、初心者の方が覚えなければいけない基礎知識については、下記の記事で2つご説明していますので、下記の記事もあわせてご覧ください!

 

→FX初心者がまず覚えなきゃいけない2つの基礎知識【始める前の事前準備】

 

基礎知識以外にも、FXでは相場から値動きを予想するテクニカル分析の方法や、国の経済状況などから今後の動向を予想するファンダメンタル分析の方法があります。

 

しっかりと、これらの知識を身につけることが、FXの専業トレーダーになるための第一歩です。

 

FXのトレードノウハウを身につけるための基礎知識は、このトミオのサイトでも学ぶことが出来ますので、くまなく他の記事も読んで、ぜひ学んでください!

 

FXのトレードノウハウを確立するための勉強方法

FXは、闇雲にトレードをしていても、利益が伸びるわけではありません。

 

しっかりと相場分析を行い、利幅が取れるトレードの勉強方法を知り、検証を続けることで、トレードの実力が徐々に上がっていきます。

 

ごくたまに、FX初心者がビギナーズラックで、短期間に大きな利益を上げることもあります。

 

ですが、このようにビギナーズラックで利益が出てしまうと、「自分は素質がある」と慢心が入り、なかなか勝ち逃げでは終われなくなります。

 

その結果、すぐにおとずれる負けから負の連鎖に突入し、FXの厳しさを知ることになるでしょう。

 

そのような事態を防ぐためにも、安定したトレードで長期的に利益を出し続けるように、勉強をして、自分のトレードスタイルをしっかりと確立する必要があります。

 

FX勉強方法の流れとして、基本的な取り組み方の手順を下記にまとめました!

 

  • ①そのものFXとは何かを理解する
  • ②FXのトレード方法をデモトレードで実践する
  • ③過去チャートから環境認識能力としてのテクニカル分析やファンダメンタル分析を学ぶ
  • ④繰り返しトレードの実践と過去チャートの検証を行う

 

学ぶ方法として、上記一つだけではありませんが、少ない利益でも、継続して利益を出せるようになるようにすることが重要です。

 

その為に、必要な知識や手法をインプットし、アウトプットしていきましょう!

 

学ぶ方法は、書籍、インターネット、FXトレーダーのメルマガ、トレードロジック教材、インジケーター商材、FXコミュニティー、セミナーなどがあり、その中から自分に合ったスタイルで学んだり、参考にして、自分の裁量を勉強しましょう!

 

トレードノウハウ系情報商材は必要?

よく、「情報商材は購入したほうがいいのか?」という質問を受けます。

 

答えは、「購入した方が良い」です。

 

ですが、たくさんの商材を購入したから勝てるというわけではありません。

 

「購入した方が良い」というのも、むやみやたらに購入するのではなく、なるべく自分のトレードスタイルにあったものを選び、1つの商材を使い込むことが大切です。

 

FXのトレードを独学だけで安定して勝ち続けることは、かなり長い時間を要します。

 

どういうことかと言いますと、「正しいFXトレードの知識と利益を出し続けられるトレードの戦略を確立するまでのハードルが高い」ということです。

 

基本的な情報や最低限の情報は無料のサイトなどから得れます。

 

ですが、実践で役立にたつ具体的なトレードノウハウなどの戦略の立て方などを、無料で見られるサイトを見つけることは、難しいです。

 

特に初心者は、メンタルのコントロールができずに、ギャンブルのようなトレードをしてしまいます。

 

そのような神経をすり減らすようなトレードをしてしまう理由として、FXの正しい知識や取り組み方、そしてトレードノウハウ学習の機会がないことがあげられます。

 

情報商材自体、インターネット販売が主流で、PDFファイルや動画ファイル、DVDなどがあります。

 

一度、大きな負けを味わった事がある方なら、「聖杯探し」に走った事があるのではないでしょうか?

 

FX情報商材の中にはまったく使い物にならないものから、購入したその日から勝てるような本物もあります。

 

その見極めは非常に難しかったり、勝てるトレードノウハウに出会えても、使い方次第では、勝てないこともあります。

 

自分で選んだトレードノウハウ系情報商材を、最大に生かすためにも、知識の補充は必要不可欠です。

 

「トレードノウハウ系情報商材は購入したほうがいいのか?」という話題に戻りますが、トレードノウハウ系情報商材を購入することで、今まで不明確だったエントリーポイントが明確になったり、商材を使って裁量を磨くきっかけにもなります。

 

以上のことから、FXのトレードノウハウ系情報商材は一度購入して、使用することも必要です。

 

ただ、注意点を一つあげるとすれば、ノウハウコレクターにならないこと」です。

 

一回購入したら歯止めがきかず、勝てないと次の商材へ、また次の商材へ手を出す方がたまにいます。

 

そうなると、トレードノウハウに頼った取引しかできなため、一番重要な裁量が疎かになってしまします。

 

そうならないためにも、先述したとおり、1つの商材を使い込むことが重要になります。

 

トレードノウハウを知る上で大事な「ダウ理論」

FXの勉強をされている方なら、一度は耳にしたことがある「ダウ理論」について、少し触れていきます!

 

ダウ理論とは、チャールズ・ダウ氏が提唱したテクニカル分析における6つの基本原則からなる相場理論です。

 

もともとは、株価に当てはめられて提唱されましたが、為替市場にも同じ事がいえることから、FXトレードにおいても重要視されています。

 

ダウ理論の6つの基本原則は以下になります。

 

  • 相場は全ての事象を織り込む
  • トレンドは短期・中期・長期の3つに分類される
  • 主要なトレンドは3つの段階から形成される
  • 価格は相互に確認される必要がある
  • トレンドは出来高でも確認される必要がある
  • トレンドは明確な転換シグナルが出るまで継続する

 

この6つの基本原則は、トレードノウハウ確立のためにはとても重要な考え方なので、しっかりと理解しておきましょう!

 

ダウ理論については下記の記事で詳しく解説していますので、ダウ理論について理解を深めたい方は、下記の記事もあわせてご覧ください!

 

→【ダウ理論】狙いに繋がる波形の捉え方/高い再現性のトレード手法!

トミオがこっそり教えるFX必勝ノウハウを一部公開!

この記事を最後まで読んでくれたお礼に、僕が無料で公開しているFXの必勝ノウハウの一部を、ここで公開したいと思います!

 

今回はこっそりと教えるFX必勝ノウハウの一部は、「ラインの引き方」についてです!

 

FX必勝ノウハウを一部公開!:ラインの引き方

そもそもラインには大きく分けて、レジスタンスラインとサポートライン、トレンドラインの3種類あります。

 

レジスタンスラインとは、価格の抵抗線になる線で、相場がこれ以上、上昇出来ない可能性を示しています。

 

サポートラインとは、価格の支持線になる線で、相場が下げ止まり、上昇に転換する可能性を示します。

 

レジスタンスラインを上に抜けると、抜けたレジスタンスラインはサポートラインに変わり、サポートラインを下に抜けると、抜けたサポートラインはレジスタンスラインに変わるので、この2つはセットで覚えましょう!

 

トレンドラインとは、上昇または下降していく相場の高値と高値、安値と安値を繋げた斜めの線です。

 

引いた先のポイントが複数回意識されていれば、そのトレンドラインは為替市場の多くの参加者に注目されているポイントになります。

 

ラインの引き方は2種類あり、「ヒゲに引く場合」と「ローソク足の実体に引く場合」の2種類です。

 

ラインは基本的にヒゲに引く場合が多いため、ヒゲに引いた方が、意識されることが多くなります。

 

ですが、相場には実体に引いた方が意識される場合もあります。

 

実体に引く場合に意識されていたとしても、抜けた後に実体とヒゲとの長さが誤差となって、押し目買いや戻り売りがされます。

 

この視点は非常に重要で、実践経験の少ない多くのトレーダーは、誤差が出ても「ラインが意識されていない」と判断してしまいます。

 

ですが、実体に引いたときは、誤差で相場が反転することが多いため、「ラインが意識されていない」と判断が間違いなのです。

 

この誤差を意識できていないと、効果的なラインを見逃してしまうので、しっかりと、実体に引いたときの誤差も意識するようにしましょう!

 

ここで、教えられるのはこれまでです。

 

ラインの引き方については、上記以外にも「ラインはなるべく2本引く」「ブレイクした後どこまで上がるかを予測する方法」などのノウハウが、書かれています!

 

トミオのFX必勝ノウハウでは、ラインの引き方以外にもたくさんの必勝ノウハウが記載されているますので、ぜひ下記のページから無料で受け取ってください!

 

→サイトでは教えられない!FXの必勝ノウハウ無料プレゼントの詳細

 

FXトレード実力アップノウハウまとめ

今回は、FXのトレードノウハウについて解説しました!

 

専業トレーダーになるためには、まず勉強をして知識をつけることから始まります。

 

また、知識をつけるだけではなく、つけた知識を実践で試してみることも重要です。

 

ですので、今回の記事を読んでしっかりとトレードノウハウを勉強し、実践で試してみてください!

関連記事

経済指標

ページ上部へ戻る